単身赴任の負担を最小限に出来る家具家電付マンション!

単身赴任はカバンひとつで!

長期の出張や単身赴任の場合、賃貸マンションを考えた時は契約の手続きや新たに家具や家電を揃えることで出費がかさみます。そんな時は家具や家電が初めから備え付けてあり、契約の手続きも簡単なマンスリーマンションを検討してみてはいかがでしょうか?
家具・家電などの生活用品が備わっていれば、着替えや身の回りのものだけ、文字通り手軽に「カバンひとつ」で入居できるのがマンスリーマンションのメリットです。不動産会社の条件にもよりますが水道光熱費や仲介手数料なども家賃に含まれていることが多く、敷金や礼金がないのでコスト的にも賃貸マンションを契約するよりは割安になっています。出張や単身赴任には便利な駅に近いなど利便性の高い場所に物件が多いのも特徴のひとつです。

マンスリーマンションの注意点

マンスリーマンションは最初から家具や家電が備わっているため、自分の好みのインテリアを揃えられないことがデメリットとしてあげられます。しかし、ビジネスホテルなどと違い自宅で寛ぐように過ごすことができます。仕事の疲れを癒すには落ち着いた環境ではないでしょうか?
マンスリーマンションの契約は入居時の保証人がいらないなど手続きが簡単なことがメリットでもありますが、誰でも入居できるのでモラルの低い人が入居している場合がありトラブルには注意が必要です。また、費用を一括前払いのシステムのところは初期費用がかかります。不動産会社によっては賃貸物件をマンスリーマンションに提供していることもあり契約や入居の条件は事前に問い合わせて利用することをおすすめします。

© Copyright Assorted Furniture. All Rights Reserved.